トップへ

脱毛方法にはどんな種類があるの?

脱毛方法の種類|光脱毛・医療レーザー脱毛・ニードル脱毛

脱毛方法にはいくつかの種類があります

 

脱毛サロン、エステ、クリニックなどで行うムダ毛処理の脱毛。
脱毛方法にはいくつかの種類があります

 

女性なら、ムダ毛の自己処理って一度は経験したことがあると思いますが、カミソリで剃る、毛抜きで抜く、脱毛ワックスで除毛、脱毛クリームで除毛、家庭用脱毛器を使うなど、自己処理の方法もいろいろです。

 

自己処理は、自分の都合に合わせて好きな時に簡単にできて、脱毛サロンなどと比較すると安く脱毛・除毛できますが、ムダ毛が目立たなくなったと思ったら肌トラブルを起こしたり、お肌にダメージを受けやすいので、ムダ毛処理をしながら美肌を保つためにも脱毛サロンやクリニックで脱毛のプロに施術してもらう方が安心できます。

 

そして、脱毛の種類によって痛みや効果も違ってきます

 

こちらでは、主な脱毛方法(光脱毛、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛)について説明しています。

 

光脱毛(フラッシュ脱毛)

脱毛サロンや総合エステなどで行う脱毛方法の主流は、光脱毛(フラッシュ脱毛)です。
カメラのストロボのような光を当てて、毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えていく方法です。

 

レーザー脱毛と比較すると光の強さが弱いので、痛みもほとんど感じることがありません。

 

ムダ毛の黒い部分に反応して毛乳頭の発育を抑えます。
そして、少しずつムダ毛が目立たなくなっていきます。
毛根組織を破壊する強いものではないので、お肌に優しい脱毛方法と言われています。

 

お肌にやさしい反面永久脱毛ではないので、少ししたらまた毛が生えてくることもあります。
でも、ムダ毛は以前より薄くなるので、自己処理はあまり必要なくなるでしょう。

 

光脱毛はレーザー脱毛と同じでメラミンに反応します。
ということで、黒くて太い毛の脱毛に適した脱毛方法です。

 

サロンやエステによって使う脱毛マシンが違っていたり、ジェルの種類や光の種類の違いなどによって、同じ光脱毛の中でも少しずつ違いがあります。
光脱毛(フラッシュ脱毛)で今人気なのは、S.S.C.脱毛、IPL脱毛(銀座カラー)などです。

 

光脱毛(フラッシュ脱毛)の主な特長

 

痛みがすくなく、施術時間が短くて済む
一度に広範囲の脱毛が可能
医療脱毛より料金が安く、格安プランも多数
ほくろがある場所では脱毛できない
施術者のレベルによって効果の違いが出てしまう
黒い色素に反応するので、うぶ毛や色の薄い毛、日焼けした肌では脱毛できないこともある
長期間何回も通っても、医療クリニックでのレーザー脱毛より効果は低い


 

人気脱毛サロンの「脱毛ラボ」「ミュゼ」はSSC脱毛

 

イタリアで研究開発された「スムーススキンコントロールメソッド」という理論に基づいた脱毛法です。
独自開発された美白成分&抑毛成分が含まれたビーンズジェルの上からクリプトンライトという光をあてて、光とジェルの相乗効果で刺激のない美白制毛ができるので美肌効果もあります。
一般的な光脱毛と比べてもほとんど痛みを感じなく、お肌と毛根に直接的ダメージを与えません。
脱毛ラボでは、施術後にアフタージェルを塗って肌トラブルが起こらないようにしてもらえます。
ミュゼでは、美肌効果を高めるうるおい美肌成分入りのミルクローションを使って仕上げのトリートメントをしてもらえます。


医療脱毛(レーザー脱毛)

メラニン色素に反応するレーザー光を皮膚の表面(毛乳頭)に照射して、熱によって毛乳頭や毛母細胞を破壊して永久脱毛する方法です。

 

レーザー脱毛は医療行為なので、脱毛サロンやエステでは施術できません。
皮膚科や美容外科(美容クリニック)で医師のみが施術できる脱毛方法です。

 

毛根を焼き切るために永久脱毛の効果は高いのですが、痛みが伴う脱毛なので慎重にクリニック選びをすることが大切です。

 

レーザー脱毛は、以前はかなり高額でした。
最近では安くなってきましたが、脱毛サロンなどと比較してみるとやはりまだまだ料金的には高いのが現状です。

 

脱毛サロンは最近店舗も増えて自分の都合のいいサロンを選べるようになっていますが、医療クリニックはまだまだ店舗数が少なく、土日祝がお休みだったり終了時間が早かったりすることも多いので、多忙な女性だとなかなか通えないなどの問題もあります。

 

医療脱毛(レーザー脱毛)の主な特長

 

光の出力が強いので痛みがある
通院回数がサロンやエステより少なくて済む
光脱毛と比べると効果が出てくるのが早い
レーザーの熱でやけどのような状態になることがある
一度に広範囲の脱毛が可能
黒い色素に反応するので、白髪やうぶ毛には効果がないこともある


ニードル脱毛(電気脱毛)

ひと昔前までは、一般的な脱毛方法と言えばニードル脱毛が主流でした。

 

絶縁処理した特殊な細い針を毛穴1つ1つに刺して、針に微弱の電気を流して毛乳頭を電気破壊する方法です。
針を毛穴に1つずつ差し込むのでかなり時間がかかるのと、強い痛みが伴います。

 

時間がかかって痛いうえに料金も高いので、最近ではニードル脱毛を採用しているところは少なくなってきました。。

 

完璧な永久脱毛に近い脱毛効果がある反面、脱毛完了までに時間がかかったり費用も高額で強い痛みが伴うので、最近人気の気軽な脱毛とはほど遠いでしょう。

 

ニードル脱毛(電気脱毛)の主な特長

 

毛の再生率が低いので完全脱毛に近い
強い痛みがある
色素沈着している部位でも脱毛できる
やけどや色素沈着を引き起こす危険がある
広範囲ではなく部分的な脱毛に効果的
手間がかかるので料金が高額になる
施術者のレベルによって違ってくる
レーザー脱毛ではできない部分も脱毛できるので併用する人もいる


脱毛方法の種類|光脱毛・医療レーザー脱毛・ニードル脱毛関連ページ

脱毛サロンとエステの違い
脱毛サロンとは脱毛専用のサロンで、総合エステは、脱毛・フェイシャル・痩身などトータル美容の施術をするところです。サロンとエステで脱毛方法やプラン・料金、効果やサービスなど、何が違うのかまとめてみました。
サロン選びのチェックポイント
脱毛サロン・エステ・クリニックの中からどこを選べばいいか、どこを比較すればいいか、サロン選びのときにチェックすべきポイントをまとめてみました。失敗や後悔のないサロン選びをしてくださいね。
脱毛サロン通いの注意点
脱毛サロンに通うときって何に気をつければいいでしょうか?脱毛中の日焼け、脱毛前に毛を抜かない、脱毛後の入浴やプール、生理中の脱毛、脱毛後のお肌の保湿ケアなど、基本的なことを紹介しているので参考にしてくださいね。
脱毛サロンで永久脱毛できる?
脱毛サロンでも、医療レーザー脱毛のように永久脱毛ができるんでしょうか?答えは、残念ながらできません。それでも脱毛サロンのお肌にやさしい光脱毛は今人気です。永久ではないけどかなりの脱毛効果はあるので、満足してる女性も多いようです。
脱毛するときの痛み
脱毛サロンに通いたくても痛みが気になる、という人は少なくないと思います。サロンやエステで主流の光脱毛は、ほとんど痛みを感じない脱毛法と言われています。医療レーザー脱毛は痛みが伴う反面、永久脱毛が可能です。痛みについて説明しているので参考にしてくださいね。
医療レーザー脱毛について
永久脱毛ができる医療レーザー脱毛は、医療行為にあたるので皮膚科や美容外科で医師のみができる脱毛法です。効果・痛み・料金など、メリットとデメリットをまとめてみたので、医療脱毛を考えている方はぜひ参考にしてくださいね。
脱毛完了までの回数
脱毛サロン・エステ、医療クリニック、それぞれ効果に満足して脱毛完了するまでの回数って何回ぐらいなのか気になりますね。こ毛の濃さや生え方によって個人差はありまが、こちらでは平均的な回数で説明しています。
ムダ毛の自己処理の危険性
ムダ毛の自己処理方法として、カミソリで剃る、毛抜きで抜くムースやワックスを使う、家庭用脱毛器などいろいろありますが、肌トラブルにならないようによく調べてからでないと危険なので注意しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ